FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.03.06 (Wed)

厚手素材裁断用のハサミ(ご案内)

(文:Akiko)

ようやく温かくなってきました。
開花が遅れていた大阪城の梅も今週末が見ごろのようですね。

写真は先月(2月11日)の大阪城梅林の様子です。
この時は、まだ蕾が多かったです。
メジロも見かけませんでした。

梅2013_2

2013年、大坂城梅林 標準木の開花は2月27日だったようですが、
2月11日、チラホラと咲いている品種もありました。

梅2013_1


梅2013_4

毎年、どこかに必ず梅の花を見に行きます。
桜のお花見も好きですが、梅の開花をみると、
冬の終わりを告げてくれている気がして。。。
特に紅梅と白梅をセットで観賞すると
何ともおめでたい感じがして心楽しくなります。

=====
木々が芽吹きはじめる前、毎年1~2月は剪定ばさみの修理を承ることが多いです。
今年の冬は寒さが厳しかったので、3月に入ってからも
ちらほらと剪定ばさみの修理依頼や商品のご購入をいただいております。

いつも革裁ち包丁やハサミの研ぎ・修理を持ってこられる
ご近所のM様、
今回はこちらの剪定ばさみを修理に持ってこられました。

剪定ばさみ研ぎ修理前


用途は「植木用」ではなく、厚手の革を切るためです。
昔から、ベルトやさんなど、厚手の革を裁断される職人さんは
革裁ち包丁や裁ちばさみの他に、
剪定ばさみも使っておられます。

刃を閉じておくための「留め具」が取れていたので

剪定ばさみ革留め

「プラス1,000円で革留めの取り付けもできますが・・・」と
ご説明しましたが、
「持ち歩けへんから、このままでええわぁ」とM様。

 
 ■剪定ばさみの研ぎ・修理後
  剪定ばさみ研ぎ・修理後


剪定ばさみはバネが付いているので、小さな力で
硬い物が切れる道具です。

=====

分厚い革(特に軟らかい革)の裁断には、剪定ばさみより
厚物 革用はさみ(レザーシザー)210mm(3,024円) がおすすめです。
 (勿論、薄い革やゴムシートも切れます。)

見た目やハサミを持った時の質感は
オモチャのようで、個人的には好きになれず、
「大切に使いたい逸品」には格上げできませんが、
革を切る感触は、とてもいいです。

レザーシザー


ハサミの下刃(切る時に下側になる刃)の角度が
普通の裁ちばさみと違うこともあり、この何とも言えない良い感触が
生まれるのでは。。。とも思います。

初めて使ってみた時、見た目の質感のイマイチさと、
道具としての使い勝手の良さの
このギャップには参りました。

持ち手部分も普通の裁ちばさみより
ひとまわり小さいので、私の手には丁度フィットします。

  ■左:レザーシザー210mm  右:裁ちばさみ240mm(標準サイズ)
  000はさみ比較


2,800円というお値段の「安さ」と、「使い心地」のバランスを考えると
大変お薦めの品となります。
切れ味が落ちてきた時には、一般的な裁ちばさみと同様に
研ぎ・修理ができます。(当工房で承ります。)

  ■商品ページ:
   厚物 革用はさみ(レザーシザー)210mm(3,024円)


店頭(源利平 山東・みなもとのとしひら さんとう)に試し切り素材をご持参いただけましたら
展示品のハサミ(レザーシザーを含む各種ハサミ)で試し切りしていただくことができます。
17:43  |  商品案内
 | HOME |