FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.08.21 (Fri)

雲取山 京都、花背

お盆休みの間に京都・花背の雲取山に行ってきました。

阪神高速は京都東出口の手前から少し渋滞がありましたが、スムーズに抜ける事が出来、一安心。
京都市内を抜け鞍馬から花背峠を越えると気温がグッと下がり、ムシムシした大阪とは別世界でした。

花背小中一貫校の職員の方に許可をもらい、二宮金次郎の銅像の前に車を停めさせていただきました。
二宮金次郎さんありがとう。(少し小さめの銅像でした。)

二宮尊徳

今回歩いたコースは
花背高原バス停 → 寺山峠 → 一の谷出合 → 雲取峠 → 雲取山 → 三の谷林道 → 三の谷入口 → 一の谷出合 → 寺山峠 → 花背高原バス停 
ぐるりと周回するコースです。
オリエンテーリング用に整備されているのか?標識は明瞭で、初めて歩くコースでしたが、迷う事はありませんでした。


花背高原バス停から5分ほど林道を歩くと左手にスキー場跡が見えます。廃墟と化していて、入口にはチェーンが張られ、現在は車を止めることができないようです。
スキー場跡から寺山峠までは杉林の中をゆっくりと30分ほど登っていきます。
杉木立

        枝打ちされ、手入れの行き届いた明るい杉林です。

峠を越えるとすぐに一の谷出合です。
一の谷出会い


一の谷出合から雲取峠までは川沿いの道を歩きます。真夏なのにひんやりとした空気が漂い、本当に気持のよいコースでした。

沢

雲取峠で少し休憩、ここから尾根道を歩き雲取山を目指します。
20分ほどで山頂へ、展望は良くありませんが記念に写真を一枚。

雲取山山頂


山頂から標識どおり下ると三の谷へ。結構急な下りでほとんどの場所にトラロープが張ってありました。

「静かないい山やなぁ。」と思いながら、コースも終盤に差し掛かったところで、「そういえば今日、まだ誰にも出会ってないよなぁ。」と話しながら歩いていると、丁度、登山道と林道が交わる所で自転車のお兄さん達が。
MTB
本日初めて出会った人たち。
「ブログを書きたいので、後姿だけでも写真を撮らせてもらえませんか?」
「全然、顔出しでもOKですよ。」明るいお兄さん達でした。

この後、何度も何度も丸太の橋を渡り、水量の少ない川では石の上を飛び、今日、何回川を渡った事やら、たぶん今まで歩いたコースで一番多かったように思います。

川2 川1


川3 川5

一の谷出会いまで来ると後は登ってきた道を戻るだけです。
再度、自転車のお兄さんたちと出会いました。林道の先は行き止まりで崖を下ってきました、との事。お疲れ様でした。

下山後、 花竹庵 でお蕎麦をいただく。話を聞くと今日は「花背松上げ」のお祭りとの事。
「夜9時からかー、残念やけど、次回の楽しみということにしとこ。」
京都市内に戻り甘い物をいただき、渋滞に巻き込まれないうちに早い目に帰阪。
22:43  |  遊ぶ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://hamono310.blog.fc2.com/tb.php/129-9ff278d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |