FC2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.28 (Mon)

筋引き包丁の研ぎ・修理

筋引き包丁(270mm)の研ぎ、修理(型直し)の依頼です。

 ■写真1:筋引きの型直し(ビフォー)
  筋引き型直し前


筋引き包丁は、ほとんどの場合プロの方が使う包丁ですが
細く長い形状のため、研ぎに持ち込まれた時には、かなりいびつな形になっていることがあります。

今回、大きな型崩れはありませんでしたが、
お客様の要望は

 写真1の右側:グレステンの筋引き → 先の部分をもう少し細くする事
 写真1の左側:杉本の筋引き → しのぎ幅を出す事

でした。
  
グラインダーで削ると、焼きを戻してしまうことになり包丁の特性が失われますので
堺で円砥と呼ばれる直径が1mくらいある回転水砥石が必要です。
 (当工房では、その回転水砥石を使用しています。)
道具が揃ってないと良い仕事はできません!

 ■写真2:筋引き(グレステン)の先細加工(ビフォー)
  ご希望の型を油性マジックでマーキングしていただきました
  グレステン型直し前

 ■写真3:筋引き(グレステン)の先細加工(アフター)
  グレステン型直し後


 ■写真4:筋引き(杉本)(ビフォー)
  刃先が丸くなっているので、「しのぎ」の出た片刃に仕上げて欲しいというご依頼でした。
  杉本しのぎ型崩れ

 ■写真5:筋引き(杉本)(アフター)
  しのぎ幅を出しました
  杉本しのぎ出し     
20:26  |  刃物研ぎ・修理

2011.11.08 (Tue)

医療用鋏の研ぎ・修理

(文:Akiko)

普段、研ぎ・修理にお預かりする医療用のはさみ(クーパー)はこのようなタイプです。

クーパー

反りの刃も研ぎ・修理できます。
クーパー(反)

最近は動物クリニックさんからの依頼も増え、時代の流れを感じます。

18:47  |  刃物研ぎ・修理

2011.11.05 (Sat)

やわらかな光

(文:Akiko)

お店(源利平 山東)の玄関ドア。
ガラスの縦方向に帯状の紗がかかっています。

1111お店の風景

午後2時半、その隙間を通して入り込む日差しが
やわらかく長くなってきました。
だんだん冬に近づいてるんだなぁ~と感じます。

ここのところ、ちょっと早めのティーブレイクをとりながら
白い壁に映される光と影を眺めるのが楽しみのひとつです。

今日の大阪は、あいにくの雨。
いつもの光が見れなくて残念でした。
代わりに撮っておいた写真をブログにアップしながらお茶しています。

  ※白い花台とベンチは夫が作ってくれました。
15:30  |  日常

2011.11.03 (Thu)

裁ちばさみの研ぎ・修理(昨日の続き)

(文:Akiko)

昨日の続きです。
残りの裁ちばさみ2丁のうち、1丁は庄三郎の昔のタイプです。

  ■庄三郎修理前 ハサミの表
  庄三郎 研ぎ修理前 ハサミの表


  ■庄三郎修理前 ハサミの裏
  庄三郎 研ぎ修理前 ハサミの裏

ハサミの表も裏もとてもサビが深かったです。
しかし、正しい技術をもってハサミの裏をすくと
また道具としてお使いいただけるようになります。

以前の研ぎでハガネ(物を切るための鋼材)が無くなっている場合は再生できませんが
今回は大丈夫でした。(ハガネが残っていました。)

  ■庄三郎修理後 ハサミの表
  庄三郎 研ぎ修理後


■庄三郎裁ちばさみ(錆びあり) ビフォー
裁ちばさみのサビ取り前

■庄三郎裁ちばさみ 研ぎ・修理 アフター
裁ちばさみのサビ取り後

研ぎ・修理担当の夫の話では

「今の庄三郎より、昔の庄三郎の方がええなぁ。」

とのことです。

---------------------------------------------------------------
今回の研ぎ・修理代金

 ◆基本料金
  ラシャ切鋏270mm(他店購入品) 1,100円
 ◆技術料金
  刃裏スキ 600円
  型直し 200円
  ヒズミ直し調整 300円
  磨き仕上げ  ※当店を初めて利用されるお客様に無料サービス
 ◆合計:2,200円


打刃物工房 源利平 山東
刃物研ぎの見積依頼
  見積無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。
17:40  |  刃物研ぎ・修理

2011.11.02 (Wed)

裁ちばさみの研ぎ・修理

(文:Akiko)

先日お預かりした刃物の修理前の写真はこちら

裁ちばさみと包丁 研ぎ修理

裁ちばさみ3丁のうち、真ん中は鋳物製でした。

  ■鋳物製の裁ちばさみ
  鋳物IMG_5968

ハサミは刃を研いだだけでは切れるようにならず
ヒズミ直しやネジの軸調整などが重要な作業となります。

鋳物製のハサミは、もともとの販売価格がお安く、
修理しながらお使いいただくタイプのハサミではありません。
叩くと割れることがあり微妙な調整が利かないので
修理をお断りしております。

今回は5丁お預かりした刃物のうち、4丁の修理を承りました。

研ぎ・修理後の写真
     ↓↓↓
裁ちばさみと包丁 修理後
22:55  |  刃物研ぎ・修理
 | HOME |