FC2ブログ
2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.10.30 (Sat)

花ばさみ

「長年、使っているハサミなので修理をして欲しい。」とお客様。

花鋏(修理前)

40年程前にうちの工房で買って下さったとの事。銘を見ると先代が彫った物でした。

花鋏(修理前・拡大)

先日ご紹介した花ばさみとは別仕様で、ハンドル部分の仕上げ方が違いますが、
同じ鍛治職人さんに作ってもらったものです。
このハサミもネジがはずせるつくりになっています。
カシメタイプと違いネジ下の部分まできれいに磨く事ができます。
また、軸がガタついた時も交換が出来るので、研ぎ・修理をする
立場からすると◎です。

花ばさみのネジ


良いものは修理をしながら末長く使えますし、丁寧に大事に使うという事も身につくと思います。
これぞ現代人に欠けてきている事だと思います。

包丁やハサミだけではなく、身の回りの物も使い捨てされている物が増え
扱いも雑になっているように感じます。

■花鋏(研ぎ・修理後)
花鋏(修理後・拡大)
17:16  |  刃物研ぎ・修理

2010.10.28 (Thu)

研ぎサービス券

先日、かなり古い「研ぎサービス券」が持ち込まれました。

研ぎサービス券

店舗を現在地でOPENさせて、かれこれ20数年になりますが
どうやらその当時の物のようでした。
その頃は「研ぎサービス券」をワープロで下書きした後、
プリントごっこで印刷し、押し切りカッターで1枚づつ切り、印を押す。
すべて手作業で、いろいろと試行錯誤を繰り返していました。
(そう言いながら、今もいろいろともがいていますが・・・)

現在のようにパソコンやインターネットもまだまだ普及しておらず、アナログ的な部分が
多く残っていましたが、今は本当に便利になりました。

しかし研ぎ・修理の仕事(実務)の部分は今でもアナログ的な手作業の部分がほとんどで、
人間としての経験や感覚が多く問われます。

当店の「研ぎサービス券」には有効期限はありませんので、古くなった物でも大切に保管下さい。

■出刃包丁の研ぎ・修理(after)
「源利平作」の銘も20数年前に自分が彫ったもので、こうして久しぶりに見ると懐かしいです。

出刃包丁研ぎafter
08:36  |  刃物研ぎ・修理

2010.10.26 (Tue)

牛の爪

(文:Akiko)


先日、牛の爪切りの研ぎをお預かりしたものの
「牛の爪ってどんな感じ??」 とブログに書いたところ。。。

頂きました!

   牛のヒヅメ

牛のヒズメ

------------------------------------------------------------

2年半ほど前から当店にお越しくださるN様。

   ブログ記事「包丁の刃欠け」

をネット検索でご覧いただいた事をきっかけに
同じように刃欠けした包丁をお持ち込みいただいてからのご縁です。

いつもご近所の方の研ぎ・修理品も預かって
ご主人と一緒にお越し下さいます。
お車で1時間近くかかる距離を・・・、ありがとうございます。

今回、研ぎ・修理品の持込と一緒に
このヒヅメをプレゼントして頂きました~♪

サイズは、こぶし大よりひと回り小さなこちら、

       ↓↓↓

これは何でしょう?

別の角度の写真はこんな感じです。

■横から
これは何でしょう??

■斜め上から
これは何でしょう???

ペットショップへ行かれる方はご存知かもしれませんが
ワンちゃんのおやつだそうです。(知りませんでした~)

牛のヒヅメ、想像どおりとても硬いです。

次回、牛の爪切りをお預かりした時には
いただいたヒヅメを水で湿らせて試し切りさせていただこうと思います。

このヒヅメ、乾燥している時はそんなに臭わないのですが
ぬれると牛舎のにおいがするそうです。
私が小さい頃、祖父の田舎で乳牛を飼っていたので
その「臭(にお)い」は私にとって懐かしい「匂(にお)い」かも~。
18:19  |  日常

2010.10.21 (Thu)

岩湧山(登頂日:2010年10月17日)

(文:Akiko)

夫と岩湧山(いわわきさん)へ行きました。

私にとっては初めての岩湧。
「いい山」 「面白い山」 というイメージがなく、
今までに一度も足を運んだことがありませんでした。

   (岩湧山に失礼ですね。ごめんなさ~い。)

全く期待せずに登った山ですが、
今の季節、思いのほか良かったのです。

頂上付近はススキで有名なこの山。
ススキを目的に行くには2~3週間早いのは承知のうえで足を運んでみました。

岩湧の森のふもとに無料駐車場があり、そこに車を停めて
まずは総合案内所 兼 食堂?の「四季彩館」へ。

四季彩館

こちらでハイキングマップを頂き
いざ、出発!

昔は月に2~3回、近畿の低山に登っていた私たち。
でも最近は年に2~3回になりつつあります。
忙しくてなかなか山歩きする時間を取れません(涙)。

頂上へは、いくつかのコースがあり、選択できます。

「いわわきの道:一般道 90分」
「きゅうざかの道:階段多し 60分」

分かれ道看板

ここのところ運動不足ぎみで、自分の体に負荷をかけたくてウズウズしていた私。
夫も同じだったようで、2人とも迷わず「きゅうざかの道」を選択!

心臓に負荷がかかり、”どっぷりかく汗” が心地よく
「私って自分をいじめて喜ぶタイプだったかしら・・・」
と苦笑しながらも、
岩盤欲の汗より自分の体を動かして出す汗の方が
やっぱり気持ちいい~♪
と実感。

空はどんよりとしていて秋の雲は見れなかったけれど、
一面のススキに「何かいいわぁ~、何かいいわぁ~」と
秋らしい景色に満足満足!(でも、いい写真は撮れてません。スミマセン。)
「穂が開いていない若いススキも艶やかで、いいわぁ~♪」と思う私。

ススキ

頂上でベンチに腰し掛け、隣の夫に「何か一句詠んで~」とお願いすると

整いました!の ねづっち のように、即 「できた!」と。

 「いわわきで 昔の友を 思い出す」

誰と来て、どんな思い出があるのか聞いた所、

 「この景色みて、わからんかなぁ~?」と夫。

    この景色 → 目に入るものは → すすき

それって 「鈴木さんのこと?思い出したのは名前だけ?・・・」
この程度の出来では、お座布団はあげられませ~ん(笑)。

でも、この何気ないやり取りが将来のボケ防止につながるかも~
と思う今日この頃です。

------------------------------------------------------

アザミの花が沢山咲いていて
あざみ IMG_2827.jpg


これもアザミ? いや、アザミより大きい、何??
  ↓↓↓

ハバヤマボクチ

と思ったものは
「ハバヤマボクチ」という植物でした。
看板

「ハバヤマボクチ」、知りませんでした。

帰りは別ルートで下山しました。

岩湧の緑

美しいブナ林を歩くと、何とも心地よく

「忙しい、忙しいを言い訳にしちゃ駄目よね~。時間はつくらなくっちゃ!」

と思いました。

下山後はいつものように「道の駅」で野菜を買い、
スーパー銭湯で汗を流しました。

シメ もいつものように、堺の「かん袋」へ。

かん袋行列

真夏のピーク時を過ぎているのに行列がお店の外までできています。

いつも注文するのは「氷くるみもち」
「くるみもち」と言っても木の実の胡桃は入っていません。
ちょっぴり塩味の白玉団子に緑色のあんがかかっていて
その上に ふわふわのかき氷 が
雪のようにかかっています。

山歩きで塩分を失った体が、
白玉団子のやんわりとした塩気を
大喜びしているのが実感できます。

氷 くるみもち


------------------------------------------------------

夜はDVDをレンタルして 「インビクタス」 を観賞。
こちらも期待以上にいい映画でした。

明日からも、また仕事頑張ろうっと!
と思える満足な一日でした。
12:47  |  遊ぶ

2010.10.15 (Fri)

フェルコ・メンテナンス工房OPEN!

この夏、フェルコ・メンテナンス工房がOPENしました。

1945年、剪定鋏・切断工具メーカーとしてスイスに創設されたフェルコ社の
剪定鋏専用の修理工房です。

フェルコ剪定鋏総輸入元である昭和貿易株式会社様と
当工房(源利平 山東)が協議・打ち合わせを重ね、
2010年8月1日にオープンしました。

フェルコ・メンテナンス工房のオフィシャルページは
下記バナーをクリックするとご覧いただけます。

  フェルコ・メンテナンス工房

工房では研ぎ・修理だけでなくフェルコ剪定鋏の販売や部品販売・交換も
行っております。
近々、インターネット上に商品を掲載する予定です。

皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

  ■追伸:
   「フェルコ・メンテナンス工房」のサービスと
   「打刃物工房 源利平 山東」のサービスは
    同時にご利用いただけます。


21:29  |  フェルコ・メンテナンス工房

2010.10.07 (Thu)

紀伊国屋

先日、ドライブがてら竜王のアウトレットモールと「紀伊国屋」さんに行ってきました。
「紀伊国屋」と言っても本屋さんではありませんよ。

アウトレットモールは、予想以上にすごい人で人酔いしそうになりましたが、初めての所なので
ぶらりと1周見てまわりました。今回、私は山用の靴をGET!

山用の靴

あまり有名なブランドでは無いようですが、ゴアテックスでビブラムソール、履き心地もよく購入を決めました。
勿論、価格も定価の50%OFFで納得。

アウトレットモールを後に琵琶湖周辺を車で走り、今回の目的地「紀伊国屋」へ。
しつこいようですが、本屋さんと違いますので・・・

琵琶湖大橋を渡り、湖西道路の脇を走り、山の中へ入っていきます。
看板が見えたあたりから細い山道へ・・・対向車が無くほっとしましたが、えらい所にあります。

ブルーベリーフィールズ 紀伊国屋

ブルーベリーフィールズ


ランチタイムの終了を待ち、建物の周りを散策。

なにやら看板が、マムシ注意!

まむし注意の看板


どんよりと曇っていたため、ここからの琵琶湖の景色はイマイチでしたが、デザートには満足。

ブルーベリー畑と琵琶湖

アフタヌーンティ

ブルーベリーケーキ&ブルー


帰宅後、お土産に買ったジャムを食べてみました。
甘さ控えめでヨーグルトとの相性は?ですが、粒もしっかりとして美味しかったです。

ブルーベリー

ブルーベリー&ヨーグルト
18:05  |  食べる

2010.10.01 (Fri)

さて、何を切るハサミでしょう?

(文:Akiko)

家畜診療所の先生、H様から研ぎ・修理にお預かりしたハサミです。

鋏2丁、研ぎ・修理前

H様からは、今までにも医療用のハサミをはじめ、
ご家庭で使う包丁や裁ちばさみ、手芸ばさみ、
植木手入れ用の刈込ばさみや剪定ばさみ、摘果ばさみ、etc...
色々な刃物の研ぎ・修理依頼を頂いてたので、今回お送りいただいた
ハサミも大きい方はテッキリ植木手入れ用のハサミかと思いきや・・・。

まず、小さい方(黒いハンドル)の片手ばさみは

ギプスカッター


よく見ると「ギプスカッター」と文字がプリントされていたのと

ギプスカッター拡大


刃先が丸くなっていたのでその形状から
ギブスを切るためのハサミだとわかりましたが、
念のため、研ぎ・修理作業に入る前にハサミの用途をお伺いすると
やはり小さい方はギプスカッターで、もう一つ、
全長50cm以上ある大きな両手ばさみは
なんと・・・


答えを書く前に、皆さん、何に使うハサミだと思われますか?

さて、何を切る鋏でしょう?

答えは 牛の爪を切るためのハサミ だそうです。

今回ばかりは用途をお伺いしても「牛の爪」って硬いのか?、そうでもないのか??
触ったことがないので、どのような刃付け仕上げにしたものかと
研ぎ・修理担当の夫は迷いながらも
植木用のハサミの刃付けより刃先を鋭くして食い込みが良いように
仕上げてさせていただいたようです。

今度、妹夫婦が住む淡路島へ行ったとき、
淡路島牧場へ寄り、牛の爪観察をしたいと思います。
22:54  |  刃物研ぎ・修理
 | HOME |