FC2ブログ
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.13 (Tue)

「風の王国」五木寛之 を読んで

「風の王国」五木寛之 を読んで

テニスをする友人が「暇な時に読んで」と送ってきてくれました。
ワールドカップを観戦しながら、その合間に一気に読み終えました。

   
風の王国

「歩く」という事がこの本のひとつのテーマとなっていますが、わが国の中に隠されている
抑圧と差別の歴史、そして、登場人物それぞれの生き方が、久しぶりに大きな衝撃を与えてくれました。

私が特に印象に残った場面は、ヒロイン(?)の葛城哀(カツラギ・アイ)が父親から
勝つか負けるか究極の選択を迫られたときに、彼女は、勝つことよりも負けることを選び、
父親もその生き方を褒め称えます。
この場面は全編を読まないと意味が分かりにくいかと思いますが・・・

20年以上も前の作品ですが、その当時からバブルの崩壊や現在社会の問題点を予想し、
単純にYESかNOか、だけではない、進むべき道(方向)があるということを教示してくれています。

また、この小説の中で「一畝不耕 一所不住 一生無籍 一心無私」という言葉が何度も出てきます。
私にはなかなか真似することが出来ませんが、古来から人間が持っている本来あるべき姿であり、
それは「足るを知る」そして「取ることよりも捨てること」を選ぶ生き方だと思います。

売れっ子さんの軽るーい小説を流して読むより、いろいろなことを考えさせられた一冊です。

Dさんありがとうございました。この前は雨で延期になりましたが、近いうちに山に行きましょう。

08:40  |  日常
 | HOME |