FC2ブログ
2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.21 (Fri)

雲取山 京都、花背

お盆休みの間に京都・花背の雲取山に行ってきました。

阪神高速は京都東出口の手前から少し渋滞がありましたが、スムーズに抜ける事が出来、一安心。
京都市内を抜け鞍馬から花背峠を越えると気温がグッと下がり、ムシムシした大阪とは別世界でした。

花背小中一貫校の職員の方に許可をもらい、二宮金次郎の銅像の前に車を停めさせていただきました。
二宮金次郎さんありがとう。(少し小さめの銅像でした。)

二宮尊徳

今回歩いたコースは
花背高原バス停 → 寺山峠 → 一の谷出合 → 雲取峠 → 雲取山 → 三の谷林道 → 三の谷入口 → 一の谷出合 → 寺山峠 → 花背高原バス停 
ぐるりと周回するコースです。
オリエンテーリング用に整備されているのか?標識は明瞭で、初めて歩くコースでしたが、迷う事はありませんでした。


花背高原バス停から5分ほど林道を歩くと左手にスキー場跡が見えます。廃墟と化していて、入口にはチェーンが張られ、現在は車を止めることができないようです。
スキー場跡から寺山峠までは杉林の中をゆっくりと30分ほど登っていきます。
杉木立

        枝打ちされ、手入れの行き届いた明るい杉林です。

峠を越えるとすぐに一の谷出合です。
一の谷出会い


一の谷出合から雲取峠までは川沿いの道を歩きます。真夏なのにひんやりとした空気が漂い、本当に気持のよいコースでした。

沢

雲取峠で少し休憩、ここから尾根道を歩き雲取山を目指します。
20分ほどで山頂へ、展望は良くありませんが記念に写真を一枚。

雲取山山頂


山頂から標識どおり下ると三の谷へ。結構急な下りでほとんどの場所にトラロープが張ってありました。

「静かないい山やなぁ。」と思いながら、コースも終盤に差し掛かったところで、「そういえば今日、まだ誰にも出会ってないよなぁ。」と話しながら歩いていると、丁度、登山道と林道が交わる所で自転車のお兄さん達が。
MTB
本日初めて出会った人たち。
「ブログを書きたいので、後姿だけでも写真を撮らせてもらえませんか?」
「全然、顔出しでもOKですよ。」明るいお兄さん達でした。

この後、何度も何度も丸太の橋を渡り、水量の少ない川では石の上を飛び、今日、何回川を渡った事やら、たぶん今まで歩いたコースで一番多かったように思います。

川2 川1


川3 川5

一の谷出会いまで来ると後は登ってきた道を戻るだけです。
再度、自転車のお兄さんたちと出会いました。林道の先は行き止まりで崖を下ってきました、との事。お疲れ様でした。

下山後、 花竹庵 でお蕎麦をいただく。話を聞くと今日は「花背松上げ」のお祭りとの事。
「夜9時からかー、残念やけど、次回の楽しみということにしとこ。」
京都市内に戻り甘い物をいただき、渋滞に巻き込まれないうちに早い目に帰阪。
22:43  |  遊ぶ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.12 (Wed)

斧(おの)の研ぎ・修理

最近は、滅多にお預りすることのない類の刃物、斧の研ぎ・修理 ビフォーアフターです。

  写真左:研ぎ・修理前     写真右:研ぎ・修理後

斧(修理前)   斧(修理後)

長年、そのままの状態で放置されていたみたいで、状態はかなり悪いようです。
柄を抜いてワイヤーブラシでサビを取り除く所から、作業に入ります。

斧・拡大(修理前)

裁ちばさみや和包丁のサビを取る場合、
刃の裏に付いているハガネが無くなるまで削ってしまうと
刃物としての意味がありませんが、
厚みのある両刃の刃物の場合はハガネの状態を見ながら、
研磨する事で、見た目も道具としての切れも生かしながら修復する事ができました。

斧・拡大(修理後)

サビを取るとなにやらおもしろい模様が出てきました。
08:36  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.06 (Thu)

「ちりめんじゃこ」と「いしる」

(文:Akiko)

主人の母の実家は香川県で「ちりめんじゃこ」の水産加工業を営んでいて
毎年7月と12月に美味しいおじゃこを沢山送ってくださいます m(__)m

ちりめんじゃこといりこ

「大きいの」「小さいの」いろいろな種類のおジャコの中でも、釜揚げが特に美味しいです。
この「釜揚げ」、半生状態なので日持ちしません。
だから送ってもらったその日にタ~ップリいただきます。
釜揚げ

あったかいご飯に釜揚げおジャコをのせ、スダチをキューっと絞って、
すりゴマもかけて
このシンプルな一品が、すっごく美味しいのです

ミョウガやおネギとも良く合います。
薬味

普通のちりめんじゃこは冷凍庫で保存しながら使いたい時に使うようにしています。
甘辛く煮たり、酢の物に入れたり、ちらし寿司に入れたり・・・。
先日は「ジャコ&青じその和風スパゲティ」を作りましたが
これまた美味しかったです。

今のマイブームは、今年5月に輪島で買った
漁醤「いしる」とちりめんジャコのとりあわせ

いしる

イワシと塩で作られたお醤油、「いしる」。
イワシの子供である「ちりめんジャコ」と「いしる」って
親子関係にあるからでしょうか、
とっても相性がいいのです

この美味しさにハマッテいて、毎日のように野菜と炒めて食べています。
一緒に炒める野菜は
 時には、ピーマン、
  時にはゴーヤ、
   時にはモロヘイヤ、
    時にはししとう、
ごま油でさっと炒めて、水で希釈した「いしる」を回しかけて、もうひと炒めするだけ。

超簡単!!!
夏の暑い日に汗をかいて塩分を失った身体が欲する味です
14:58  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.03 (Mon)

これもECO

写真の包丁、実は
どちらも元は同じ包丁なんです。

手づくり割込み包丁

左の包丁は使い始めて2年ほど。新品よりひと回り小さくなってきました。

右の小さい方は長さも短く身幅も狭くなり
今はペティナイフのような使い方をしていますが、
20数年たった今も、現役で活躍しています。
家庭用の包丁でしたら、定期的なメンテナンスをするだけで一生物です。

スーパーやホームセンターで販売されている安物で質感の悪い包丁を
切れなくなったら使い捨てしながら使うかどうか、
これはそれぞれの考え方もありますのでとやかく言いませんが、
お手入れの楽なステンレスの包丁やセラミックの包丁しか使った事がない方には、
ぜひ一度切れ味の良い包丁を使って欲しいです。

最近は商品を売るだけのお店も多くありますが、
包丁やハサミは基本的に研ぎ・修理などのメンテナンスをしながら使える物ですので、
アフターの事を考えご購入されることをおすすめします。
08:38  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |