FC2ブログ
2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009.06.30 (Tue)

握り鋏(はさみ)の研ぎ・調整

当店をご利用いただいているあるお客様。

握りばさみの刃を先細加工したうえで刃先がクロスしないように調整して欲しいとのご要望です。

革のカバン修理などをされているお客様のお話では、

  「ミシン目をほどく時にハサミのきっ先が合わないと糸が切れないし、
   かみ合いすぎると尖った刃先で革を傷めてしまいます。」

とのことです。

通常、市販されている握鋏は刃を最も閉じた時に
切っ先がクロスします。

  写真:切っ先がクロスする例
  握鋏の刃先があっていない例

この切っ先の合わせ具合を 「丁度」 に調整します。

  握りばさみ:刃を開いた状態
  握鋏の刃先合わせ(開)

  握りばさみ:刃を閉じた状態 (最も閉じた時にクロスしない状態)
  握鋏の刃先合わせ(閉)


握りばさみの刃を先細加工をするとヒズミが出ますのでそのヒズミ調整も大変です。
プラス 「刃の切っ先合わせ(クロスしないように)」は
とても微妙な調整が必要で神経を使います。
でも、他の人が出来ない(やらない?)事をする喜びを感じます。

先日も「有名な○○(刃物屋)さんで修理をお願いしたけれど
出来ないと断られ、山東さんの所にたどり着いた。」と
車で遠方からお越しのお客様がありました。 

刃物の状態にもよりますが、頼まれればできるかぎりの事をさせていただくのを身上としていますので、
「これはちょっと・・・」というようなものでも、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

喜んでいただいたお客様の顔を見るとこちらも嬉しくなります。
19:15  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.22 (Mon)

剪定鋏の研ぎ・修理

剪定ばさみの研ぎ・修理 Before After です。
 (写真クリックで拡大表示します。)

写真左:修理前 ・ 写真右:修理後
剪定ばさみ(研ぎ・修理前) 剪定ばさみ(研ぎ・修理後)

 
剪定ばさみは裁ちばさみと違い、全鋼物といって単一の素材(鋼)で出来た物が多く、
ヒズミ等が出ると一般家庭では刃の調整が出来ません。
また、間違った研ぎをすると切れ味が悪くなるだけでなく、修正が出来ない事もあります。
※下の写真(剪定鋏)は、最近、実際に研ぎ・修理に持ち込まれたものです。

剪定ばさみ(悪い例2)

以前どこかに出された研ぎで、削りすぎてはいけない所(刃の裏)を
「段」 になって削られていて、
こうなると良い状態に戻すことは出来ませんが、
通常使用で過去に間違った研ぎをしていない場合は
次の写真のように新品時の状態に戻ります。

修理前(表)
剪定ばさみ(修理前)

修理後(表)
剪定ばさみ(修理後)

修理前(裏)
剪定ばさみ(修理前)

修理後(裏)
剪定ばさみ(修理後)

剪定ばさみのお手入れ方法は、使用後、刃の表面に付いたヤニなどを拭き取り、時々ネジの下に油をさしてください。ちょっとしたことですが刃の持ちが違います。
19:02  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.13 (Sat)

六甲山系の道案内

6月11日、朝日新聞夕刊のトップ記事に 六甲山系「ニセ」道案内 と載っていました。
記事の内容を要約すると、阪急、芦屋川から登る六甲山系の登山コースで
道しるべに従って歩いていて道に迷うハイカーが増えている。
ごく一部の登山者が勝手に岩や石、樹木に赤や緑のスプレーで
矢印などの目印をつけているためで、地元の登山会メンバーは怒っている。との事。

新聞記事(六甲ニセ道案内)

1ヶ月ほど前、甥を連れちょうどこの記事に書かれた芦屋川からロックガーデン、荒地山を
歩いてきました。

荒地山山頂

高座の滝からロックガーデン~風吹岩までのコースは迷う事の無い道ですが、
地獄谷、荒地山方面は枝道が多数あります。

山は季節によりその様相も変わるので、枝道の多い登山道では
コースを間違って思った地点に出れないこともあるかも知れませんが、
だからと言って自分勝手にスプレーでマーキングをする感覚が理解できません!
山に行く資格無し!と、私も怒っています。

事前にコースの予習をする、地図やコンパスを持つ、経験ある人に同行する、
などの対策をとり、自然の景観を損ねることや人の迷惑になることはやめて欲しいと思います。
08:40  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.08 (Mon)

「エコ配」を使うと、東京・神奈川・名古屋などへ350円で配送可能

「お兄ちゃん、ちょっと買い物に行ってくるから、その間に包丁研いどいてぇ。」
今でも、たまーにこんなお客さんがいらっしゃいますが、そこは大人になった私。
「申し訳ありませんが、こうこう、こういう工程で作業をしますので、出来ません。」と
丁重にお断りします。  

朝一番に持って来ていただいて、その日の仕事の流れで夕方に仕上げる事も
まれにありますが、通常はお預かりしてから2~3日かかる場合がほとんどです。
お付き合いの長いお客様にはご了承いただいてます。

確かにスピードも大切だとは思いますが、時間に追われ仕事が雑になったり、
自身の手が荒れるような事を今後もするつもりはありませんので、ご理解ください。

遠方から来られるお客様には研ぎ・修理後に宅配便での配送(有料)もしています。

大阪・吹田市にお住まいの A様。
いつも 「金切りばさみ」 を当店に持ち込んで下さいます。

三菱マテリアルのハサミ

そして、2~3日後、研ぎ・修理が仕上がったら当店から宅配便でお届けしています。
                      (送料はお客様負担でお願いしています。)

A様がおっしゃるには、
 「配送してもらう方が、取りに来る電車賃より安いし、時間もかかれへんわ~。」
とのこと。
他にも片道は持ち込みで、仕上がり後は 「配送」 というお客様が結構おられます。

当店からの配送は地域や重量・サイズにより
 ヤマト宅急便、ゆうパック、EXPACK500、ヤマトメール便、エコ配
などを使い分けています。

この「エコ配」、

  一部地域限定、夜間配達なし、専用袋に入るだけ

いろいろと制限もありますが、この条件をクリアできる方にとっては、とても安価な配送方法です。

当店でそのサービスを利用し始めた頃は、送料が250円でしたが、その後300円になり、
現在は350円です。

大阪府全域、東京都(離島を除く)、神奈川県全域、
名古屋市全域、神戸市全域、京都府の一部地域の
方であればご利用いただけます。

詳細は、当店のホームページ

  送料(研ぎ・修理)
    http://www.hamono310.com/togi/t_postage.html

を、ご参照ください。
08:25  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.07 (Sun)

黒みつ

(文:Akiko)

店頭で接客していいると、ご来店いただくお客様と色々なお話をします。

時には刃物に関係の無い話題も。。。
ご家族のこと、仕事のこと、生い立ちのこと、戦争体験のこと、健康のこと、etc...
先日もご近所のT様の苦労話をお伺いしながら
涙してしまいました。

中でも、一番多い話題は「食べ物」に関する事です。
自分が「食べること好き」だからでしょうか?いろいろなお客様と
「あそこの○○がおいしい」、「ここの○○がおいしい」と
情報交換させていただくことがよくあります。

豊中からお越しくださるN様とも
「好きなもの」が似ていて、先日はN様がお気に入りという

 箕面かむろのかりんとう

を頂きました。
かむろのかりん糖 かりんとう籠入り

かりんとう(拡大)

ひとつひとつが大きくて、
とっても食べ応えのあるかりん糖です。
上品なお味で、黒蜜大好き人間の私には
たまらなく嬉しいプレゼントでした。

自宅冷蔵庫には、「北尾のくろみつ」を常備するほど、
黒蜜がスキです。

時々、豆乳プリンを作っては黒蜜ときな粉をかけて食べてます。

北尾のくろみつ 豆乳プリン
22:20  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.05 (Fri)

名古屋グルメその3

岡崎から名古屋へ戻る途中、S君が「夕食は名古屋コーチンにしますか?それとも味噌煮込みうどんがいいですか?」
私的には、先ほどカクキュウさんで味噌の試飲をさせてもらったので味噌煮込みうどんが食べたい気分になっていました。
「じゃー味噌煮込みうどんにしましょうか?良く似た名前のお店が2軒ありますが、こちらの方が評判が良いですよ。」との事で 山本屋本店 へ。

味噌煮込みうどん1 味噌煮込みうどん2

鍋のふたに穴があいていないのは、うどんをこちらに移して食べるのだそうです。
別に名古屋コーチンの焼き鳥を注文したので名古屋コーチンも食べたということで、完全制覇?。
漬物の盛り合わせが無料で付き(お代わりOK)、まわりのほとんどの人がごはんを注文し味噌煮込みうどんと一緒に食べていました。
大阪人が家でお好み焼きや焼きそばを食べるとき、ご飯を一緒に食べるのと同じようなものでしょうか。

帰り際に 矢場とん のお土産まで用意していただき、(翌日、温めなおして食べましたが、味噌ダレがおいしかったです。)

やばとん やばとん2

本当に至れり尽くせりで名古屋を案内していただきました。

S君とは久しぶりにゆっくりと話をすることが出来、また一日中色々とお世話にもなり、本当にありがとうございました。
08:58  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.03 (Wed)

名古屋グルメその2

熱田神宮を後に「たまり」を買いに武豊町まで行きました。

「たけとよ」って競馬の武豊(たけ・ゆたか)と同じ漢字やね。車中、そんな会話からTVでの漢字ブームの話 → しかし漢字検定協会を私物化していたあの親子、あかんねぇ → 最近、親子・家族間で殺伐とした事件が多い → 家族間の会話が少ないのと違うかなぁ・・・ そんな話をしているうちに目的地に到着。
知多郡武豊町は「たまりの郷」として知られ、昔ながらの醤油蔵が並んでいます。
本日は休みの為かひっそりとしていました。

丸又商店

「次は八丁味噌、行きましょうか?岡崎の方なんで、少し時間がかかりますが。」
いやーS君私の趣向を良く知っている。

途中、休憩に立ち寄った所が コメダコーヒー

コメダコーヒー シロノアール

ここの名物「シロノアール」をいただきました。
あったかいデニッシュと冷たいソフトクリームの融合!これは大阪でもいけまっせ!

岡崎まで行く途中、道路の案内板に碧南市、安城市の標記を発見。
定期的に研ぎの依頼がある、グローブ職人の Iさん、HP開設以来お取引のある Kさんの事が頭に浮かびました。
お二人とも今まで一度もお会いしたことも無く、せっかくここまで来たのに・・・(最初からこちら方面に来る事を知っていたら)、時間があればご挨拶をしておきたかったなぁと思いました。

岡崎城を散策し、八丁味噌 カクキュウ で工場見学ツアーに参加。

カクキュウ

ここはNHKの朝ドラ「純情きらり」の撮影現場になった場所で、そのときの写真が多く飾られていました。
21:19  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.06.01 (Mon)

名古屋グルメその1

久しぶりに名古屋の友人に会いに行きました。

「どこか見たいところありますか?」
「名古屋城とノリタケの森は行った事があるけど、今回はS君に、おまかせするわ。」

日曜日、午前10時過ぎアーバンライナーで名古屋に到着。友人の車で熱田神宮へ。
車中、以前に妻と妻の母と名古屋に来た時に「おひつまぶし」の店に行ったが、スゴイ人が並んでいて、お店で聞いてみると1時間30分待ちとの事であきらめ、次に「みそかつ」のお店に行ったが、そこでも人が並んでいて、結局普通のお蕎麦屋さんに行ったという話をしました。

「じゃー先に あつた蓬莱軒 に行きますか。並ばないといけないなら、熱田神宮を見てからでもいいし。」

あつた-蓬莱軒-本店

本店に着くと丁度並んでいた人が店内に入って行く所で、私たちもそのままの流れで入店しました。
注文メニューは当然 「おひつまぶし」 ですが、

おひつまぶし

友人の知り合いの方がここの副料理長で、心ばかりの差し入れが、すごく豪華な昼食となりました。

お刺身
写真左より、うまき・刺身盛り・肝焼 です。

エビでタイを釣るとはまさしくこの事で、本当にありがとうございました。ご馳走さまでした。

早い目の昼食後、初めて訪れた熱田神宮は、平成25年の創祀千九百年の慶節を麗しいご社殿で迎える為の工事中とのことで部分的にしか見れず残念でした。「大阪でいうと住吉大社のようなもんですよ。」とS君は言っていましたが、確かに毎年公表されるお正月の参拝者数を比較してみても、その規模は同じくらいだったように思います。


19:24  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |