FC2ブログ
2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.05.28 (Thu)

母の愛情

(文:Akiko)

宮崎県の I 様(男性)からお預かりした包丁です。

(土佐包丁2丁、研ぎ・修理前)
土佐包丁(研ぎ・修理前)


まず、メールで

 「料理の大好きな、今は亡き母が使っていたものです。
  修理代で新品が買えるかも知れませんが、
  捨てるのは忍びなく相談させていただきました。」

と、お問い合わせいただき、お見積もりの後に包丁をお送りいただきました。

    (包丁の詳細「研ぎ・修理前 → 後」の写真は、文末の「続きを読む」をご覧ください。)

2丁のうち1丁は柄の差込部分を溶接して修理しました。

(土佐包丁2丁、研ぎ・修理後)
土佐包丁(研ぎ・修理後)

包丁をご返送した後にいただいたメールは次のとおりです。

---------------------------------------------------
この度はありがとうございました。
びっくりするような仕上がりで感謝しております。

依頼するときに申し上げましたとおり、今回お願いした包丁は
母が使っていたものでした。
本当に料理が好きで、帰省するたびにご馳走をこしらえてくれ
て、台所に立つ母の後姿は見ても、使っている包丁を気にした
ことはありませんでした。

昨年のお正月は病床に伏しており、姉と3人兄弟のそれぞれの
嫁がおせち料理を持ち寄って賑やかに過ごしたのですが、料理
を振舞えなかった事が歯がゆい様子でした。
「元気になったら、またおいしい料理を作ってね!」と、嫁と10
人の孫に励まされ、微笑んでいたのが思い出されます。

お願いする前は、私が釣った魚を捌くのに使う予定でしたが、
もったいなくて、使うことを躊躇してしまうほどです。
姉からは「魚好きなあなたが使えば母さんも喜ぶはず」と
言っていますが・・・

もっと早くお願いしていれば、とも思うのですが、自分の事に
お金を使うより、何よりも子供・孫に何かをしたがっていた母
ですから、それは間違いなく断って、自分で研いで使い続けて
いたことでしょう。
大切に使っていこうと思います。
ありがとうございました。

---------------------------------------------------

13:43  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.05.24 (Sun)

いちごジャム

(文:Akiko)

先月、泉南の山(槇尾山)を登った帰りに道の駅で新鮮なイチゴを購入。
小粒なイチゴはジャムに適しています。
小粒イチゴ(生)


綺麗に洗ってお砂糖をまぶし
イチゴに砂糖をまぶす


4時間ほど置くと
イチゴ・4時間経過

いちごから水分が出てきます。

これをル・クルーゼのお鍋でコトコト煮て
アク取り

丁寧にアクを取りながら煮詰め、仕上げにレモン汁を加えると、
おいしいイチゴジャムの出来上がり~

熱湯消毒した瓶に詰めて、毎日パンにつけたりヨーグルトにかけたり。
今日はスコーンを焼きました。
スコーンとイチゴジャム


甘さ控えめのスコーンにイチゴジャム&ホイップを添えて。
おいし~い

ホイップは、中沢のフレッシュクリームが私のお気に入りです
中沢のフレッシュ
20:24  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.22 (Fri)

旬の刃物 (刈り込み鋏と剪定鋏)

刃物の研ぎ・修理にも季節物があります。

植木鋏は季節に関係無く研ぎ・修理の依頼がありますが、
今まさに旬なのは「刈り込み鋏」や「剪定鋏」です。

刈り込みばさみ

カシメ(軸部分をハンマーで叩き、動かないように固定する方法)タイプより、
ネジを取り外せるタイプのハサミの方がハサミの裏のサビやヤニ汚れも綺麗に取れますし、
正しいヒズミの調整もできます。

切れ味の悪いハサミで作業をすることは効率も悪く、木や葉を傷めることにもなりますので、
早いめのメンテナンスを!
08:35  |  刃物研ぎ・修理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.21 (Thu)

いいはなシーサー

(文:店主の妻)

テレビ朝日系の番組 「いいはなシーサー
関西では放送されてないようです

ブログにコメントいただいた
なのたん様のおじいさまのハサミのエピソードが
今夜(24:15~)放送されると聞いて、楽しみにしていたのに・・・。 
今日の新聞(TV番組欄)をみてガッカリ~
ネットでも確認しましたが・・・。残念!

私のように放送をご覧になれない方は
なのたん様のブログをご覧下さいませ~。

  「はさみのこと  About Scirrosrs・・・」
  http://bebedetigre.blog115.fc2.com/blog-entry-149.html
12:48  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.05.14 (Thu)

取立山の花

(文:店主の妻)

先日登った取立山。
本当にいい山でした。
白山がスッキリ見えなかったのはチョット残念でしたが、新緑がと~っても綺麗で
大滝からの下り道、
 前(行く先の景色)を見ては「綺麗~」
  右を見ては「この新芽かわいい~」
   後ろを振り返っては「ホントに綺麗わぁ~、気持ちいい~!」
    左を見下ろしては「うわー、すっごく綺麗!!」
と、何回「綺麗、きれい~」と言ったことでしょう

お花もたくさん咲いていました。

          (全て2009年5月4日に出会った花達です。)
取立山の花2009年5月4日

12:00  |  遊ぶ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.05.10 (Sun)

取立山

取立山(とりたてやま)は福井県と石川県の県境にあるミズバショウで有名な山です。

大阪から車で行くには福井北ICを降り永平寺方面へ向かいます。
日帰りとなると少ししんどいかもしれませんが、
今回、私達は輪島からの帰りに勝山市でもう1泊したので、
ゆったりと登ることが出来ました。

5月5日、ホテルでバイキング形式の朝食を食べ、8時前に出発。
東山いこいの村を過ぎたところで駐車料金(500円)を払い、林道を上ります。
一部舗装されていない所や、道が狭く対向車があるとつらい所もありますが、
5分ほどで駐車場へ到着。

駐車場から 大滝 → こつぶり山 → 水芭蕉群生地 → 取立山 → 駐車場

と、反時計まわりに周回するコースを予定していましたが、

大滝コース閉鎖の看板

ガーン!
大滝コース閉鎖の看板とロープが張ってあったので、
予定を変更して反対側(右側)の登山道を登ることに。
取立山山頂までは道幅が広く、石がごろごろと転がっている所もありましたが、
迷うことのない歩きやすい道でした。

経ヶ岳方面

登山道から見える経ヶ岳にも残雪があり、大阪近郊の山と比べ春の訪れが遅く、
コブシ(?タムシバ??)やイワウチワ・ショウジョウバカマ・イワナシなどなどたくさんの
花が咲いていました。※帰ってから花図鑑で調べました。

取立山の山頂付近から雪に覆われた白山が見えます。
白山

が、この日はあいにく雲の多い天気でスッキリしませんでした。

少し休憩した後、水芭蕉が群生するポイントへ。
途中雪が残る所もあり道も少しぬかるんでいます。

残雪


ここのミズバショウ群生地は、白山以西の西日本では屈指の規模を誇るのだそうです。

水芭蕉

このポイントから、こつぶり山山頂まで少し登り、
ここからも天気がよければ白山が一望できます。

下山は大滝方面が通行止めのため、元の来た道を戻るつもりでしたが、
先に大滝方面へ下りるグループがあり、私達もそちらから下ってみることにしました。
途中、大滝から登ってくる家族連れと出会い、滝道の状況を聞き、
安全を確認した上で下山しました。

大滝

大滝2

新緑の下山コース

今の季節は新緑が目に優しく本当に気持ちの良い山歩きを楽しめました。
下山後は車で10分ほどの所にローカルな温泉があります。

  勝山温泉センター 水芭蕉

山歩きの後の温泉は最高に気持ちいいです。

この後、夕方まで越前大野の町を散策。

大野城や武家屋敷を見学して(少しでも渋滞を回避するために)
夕食後(夜の8時前)に福井を出ました。

自宅についたのが夜中の1時すぎ。
北陸道の一部と米原、竜王付近で多少車が渋滞していたものの、
京都東を抜けた頃には渋滞も無く車の移動は少し疲れましたが
楽しい旅となりました。
21:07  |  遊ぶ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.09 (Sat)

福井での食事いろいろ

5月4日、朝市を見終わった後、10時ごろに輪島を出発。
能登有料道路 → 北陸自動車道 を通って福井県に入りました。
南から北へ、これから輪島に入ろうとする車の大渋滞が何キロも出来ていました。
逆に輪島を出る私達の道は空いていましたが、
料金所の多さと中途半端な通行料金に料金所の手前では
クラクションを鳴らすコワーイ人がいました。(大阪ナンバーではなかったですが)

福井インターを降りたのが丁度お昼過ぎだったので
福井名物のひとつである「ソースカツ丼」を食べることにしました。

先ずはソースカツ丼の元祖といわれる「ヨーロッパ軒総本店」の前まで行ってみましたが
すごく人が並んでいたので事前にチェックしておいた「ふくしん」へ。
こちらも5組ほど並んでいましたが、待って食べることにしました。
駐車場には地元ナンバーの車が多く停まっていました。

ご飯の上にソースに浸かったカツが3枚のっています。
カツは薄い衣がサクサクしていて、やや甘めのソースとのバランスも良く、
大満足の◎でした。
ふくしん、ソースカツ丼

ランチセットもなかなかいけました。
ふくしん、ランチ

他に、翌日の夜に福井を出るまでに食べた物は・・・

勝食のおろし蕎麦。
おろしそば
あっさり、美味しくいただきました。

ファームビレッジさんさんの夕食バイキング
さんさん食事
自然栽培の野菜をふんだんに使ったメニューで、1食で30品目以上いただきました。

宿泊した 「勝山ニューホテル」 の朝食も◎でした。

福井は空気も水も綺麗な所なので、食事はどれもこれもすごく美味しかったです。
18:42  |  食べる  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.04 (Mon)

輪島の朝市

(文:店主の妻)

「輪島」と言えば、「朝市」!

早めの朝食を取ったあとは朝市をぶらぶら見学&お買物。

美味しそうな干物を売るお店
干物

「へしこ」を売るお店
へしこ

その場で鮮魚をさばくおばちゃん
魚をさばくおばちゃん

野菜を売るおばちゃん
野菜を売るおばちゃん

談笑するおばちゃんたち
おばちゃん

朝市通りはスゴイ人・人・人でした。
混みこみの朝市通り

朝市通りの終点(起点?)から道路を渡ると、
キリモトさんの作品が買える輪島塗のギャラリーがあるのですが・・・
その渡る道路には信号がなく、観光客が増えたこの日には
とっても美人のお姉さん(婦警さん?)が交通整理していました。
交通整理の女性
(お姉さんのお顔を公開できなくて残念!)



ギャラリーわいち
ギャラリーわいち
ギャラリーわいち

私達も朝市で色々買い込んで、次の目的地「福井県」に向けて出発です。
10:32  |  遊ぶ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.03 (Sun)

輪島へ!

(文:店主の妻)

ゴールデンウィークに入る1週間前、
石川県の輪島に嫁いだ大親友Jちゃんと電話で話をしていて、
今年のゴールデンウィークは珍しく出かけず、
家族全員が輪島にとどまるとのことで、
「じゃぁ、私達が輪島に遊びに行かせてもらう~♪」
ということになり。。。
とても急な話でしたが、宿の方も運良くキャンセルがでた一室を
キープしてもらうことができたので

高速道路1,000円効果で大渋滞する事は覚悟の上で
主人と車の運転を交代しながら輪島まで行きました。

できる限り渋滞を回避しようと5月3日(日)の朝4時半に自宅を出発。
車の中で夜明けを迎え、
夜明け

「この交通量で京都を抜けることができるなら上出来♪」
と言いながら、その先もあえてサービスエリアではなく
パーキングエリアで休憩をとりながら、
大した渋滞にもあわず、と~っても順調に金沢まで3時間半で到着~。
大型連休中の旅行にしては、まずまずの滑り出しです。

その後は下道でいろいろ寄り道しながらお昼過ぎに輪島入り。
あいにくのドンヨリしたお天気で海の色はグレーでした。

千枚田

輪島で有名な千枚田も、季節が違えばもっと美しいんだろうなぁ~と想像しながら・・・。

長距離の移動で多少疲れましたが、大~好きな友人Jちゃんに
久しぶりに会える楽しみで私のテンションは

Jちゃんと合流してからまず、ご主人の仕事場、というか
彼女も手伝っているので家業である
輪島キリモトさんの広~い仕事場を見学させていただきました。
Jちゃんは職人を含む社員14人を抱える輪島キリモトの若女将です。

「輪島キリモト」さんは日本橋三越店にも出展しておられるので、
ご主人は東京と輪島を行ったり来たり。
超多忙なご主人から、輪島塗りに対するアツ~イい思いを交えながら
工房の中をご案内いただきました。
晩御飯もノドグロという魚の塩焼きや鮮魚の刺身盛り、タラの芽の天ぷらなどなど
輪島の美味しいものをふるまっていただき、
ここでもご主人の楽しい熱弁を聞いて、本当に輪島塗のことが好きなんだなぁ~
と感じ、今回いろいろお話させてもらえたチャンスをとても嬉しく思いました。
心もお腹も満たされた一夜でした。
22:46  |  遊ぶ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |