FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.10.21 (Sat)

フェルコの剪定ばさみ

(Akiko)

フェルコメンテナンス工房をお引き受けしてから今年の8月で
まる7年が過ぎました。

普段、「源利平(みなもとのとしひらさんとう)」の仕事で手一杯な事もあり
積極的に「フェルコメンテナンス工房」の宣伝をしておりませんが
それでもお客様が次のお客様をご紹介下さるご縁にも恵まれ
振り返ってみると、この7年間に随分と色々な方との出会いがありました。

個人のお客様をはじめ、果樹農家の方、園芸関係の方・・・ 等など、
修理のハサミをお預かりした時のやりとりの中で
「一日中、腕を上げてブドウの木の剪定をしています」
「レモンの収穫でとても忙しいです」
「雪が降る前に剪定しないと・・・」
など、私の知らない世界の一コマを伺えるのも楽しみの一つです。

西オーストラリアのパースでキングスパークの植物園に勤務しておられる方から
日本へ帰国中にフェルコ剪定ばさみのメンテナンスを承った事もありました。
このキングスパーク州立公園ではスタッフの全員にフェルコのハサミが支給されるとの事でした。

過日、私が手にした本
「世界遺産キューガーデンに学ぶ はじめての英国流 園芸テクニック 著:舘林正也」
IMG_3107.jpg

この本の88ページにフェルコ剪定ばさみの事が書かれてありました。

IMG_3109.jpg

IMG_3110.jpg

以下、イギリスに7年暮らしておられたという舘林正也様が書かれた本文からの抜粋です。

=====
イギリスのガーデナーは、剪定バサミを革のホルスター(ホルダー)に入れて常に腰に携えています。
それはあたかも武士の刀と似ているような気がします。腕の立つガーデナーは手入れを欠かさず、ハサミの切れ味は常に鋭いものです。
 ・
中略
 ・
イギリスの新聞や園芸雑誌などで、たびたび「剪定バサミのロールスロイス」として紹介されているのが、フェルコ社(felco)の剪定バサミです。
手の小さな人向け、左利き向け、農家など剪定を長時間行うプロ向けなど、バリエーションも豊富です。
 ・
 ・
フェルコ社の剪定バサミの最大の特徴は、付属の工具で簡単に分解できるということです。手入れがしやすく、部品ごとに汚れを落とせ、ハサミをいつも清潔に保てます。
 ・
 ・

=====
私はこの本を読むまで
清潔なハサミで剪定する方が植物にとって負担が少ない
という事を意識していませんでしたが
言われてみれば、なるほど~、と納得。

また、この本には、剪定ばさみの赤い柄は単なるデザインではなく、
庭での剪定作業中にハサミを落としたときに、
緑色の草むらで目立って見つけやすいため、
とも書かれていました。

我が家には樹木を植える庭がなく、
普段、適当にお水をあげていた鉢植えでは
失敗することも多々ありました。
この本を参考に草花を育てて、花のある日常を送りたいと
改めて思いました。



■フェルコメンテナンス工房からひとこと
===ネジの取り外し・取り付けについて===
ネジを外す際に何度も付属の調整キーを使うと
ネジ山が傷んでしまうことがありますので
当工房ではスパナを使っています。

「スパナ」は下の写真のような小さな工具になります。
スパナ

ストッパー用ネジは7mm、
ロック用ネジは8mmのスパナが必要となります。

当工房で使用しているスパナはKTCというブランドです。
100均のように安すぎる工具はかえって
ネジを傷める原因となりますので、ご注意ください。

テーマ : 樹木・花木 - ジャンル : 趣味・実用

16:07  |  フェルコ・メンテナンス工房

2013.10.25 (Fri)

FELCO6 の 研ぎ・修理

(文:Akiko)

フェルコメンテナンス工房をお引き受けしてから3年あまり、
今までに色々な研ぎ・修理依頼を受けております。
その事例を折に触れご紹介しようと思いつつも。。。

フェルコ関係のブログは別に分けようか、
はたまた Facebook を立ちたち上げようか、
などと迷っているうちに、日だけが過ぎて・・・
というのが現状です。

源利平(みなもとのとしひら)のブログ更新もままならないのに
フェルコ専用のブログやFBを管理する自信もなく、
当面はこのブログにてフェルコのことも載せていこうと
やっと決心がつきました。(そんな大層な話ではありませんが・笑)

=====
先日、秋田県のM様から
剪定ばさみ(フェルコ6)の研ぎ・修理依頼を
受けました。

FELCO6 修理前1

今回は2回目のご利用です。
去年初めてフェルコメンテナンス工房をご利用いただいた時

「地元で何件か依頼をしてみたのですが、素気無く断られたので
 ネットで修理を依頼できると知り、期待いっぱいです。
 よろしくお願いします。」

とおっしゃっていました。

フェルコのハサミはネジが沢山付いているので
修理を断る研ぎ屋さんもおられるようです。


■修理前
FELCO6 修理前2

FELCO6 修理前3

FELCO6 修理前4

※画像クリックで拡大します。
FELCO6 修理前5



■修理後
ネジまわりにもサビが付いていましたが、綺麗に取れました。

FELCO6 修理後3

スプリングバネのサビは取りきれずに茶色く残りました。
スプリングが錆びるとハサミの開閉時にガシガシとして
使用感が悪くなりますが、今回は見た目ほど
使用感は悪くありませんでしたので
今すぐに部品交換の必要はありませんでした。

スプリングはお客様ご自身で簡単に交換していただける部品です。

ご依頼主のM様に状況をご説明したところ、
「スペアのスプリングも購入します。」
とのことで一緒にお送りすることになりました。

FELCO6 修理後4

FELCO6 修理後2

FELCO6 修理後1

フェルコ剪定ばさみは替刃・ネジ・スプリング等の部品を1つからでもお求めいただけます。
 (ハンドルのみの販売はございません。)
部品のみの販売はクロネコメール便にて対応しております。

 フェルコ・メンテナンス工房
  電話:06-6636-3100 ← 「ハイ、山東です。」と電話に出ます。
  定休日:日・祝  営業時間:9時~18時

■■■■■
フェルコ・メンテナンス工房」のサービスと
打刃物工房 源利平 山東」のサービスは
    同時にご利用いただけます。
08:41  |  フェルコ・メンテナンス工房

2012.06.09 (Sat)

FELCO剪定ばさみ 研ぎ・修理事例

FELCO剪定ばさみの研ぎ・修理 ビフォー・アフターです。

FELCOには色々なモデルがありますが
この時お預かりしたのは#4 でした。

最初のお問い合わせでは
「FELCO 4 を愛用しています。
 不注意で外に放置し、刃の部分がさびてしまいました。
 また、閉じた状態にしておく留め具の部分も錆びてしまい、
 動かずに困っています。」

とのことでした。

メールでお問い合わせをいただいても、現物を確認するまでは
「研ぎ・修理」できるかどうかの判断ができないことが
あります。

お送りいただいたハサミはこのような状態でした。
修理前(表)

ロックネジ

このロックネジが固くて動きませんでした。
油をさして一晩おきました。

FELCO#4の研ぎ・修理前 です。
スプリングにもサビが出てきています。
修理前

■切刃の表
刃の表(修理前)

■切刃の裏
刃の裏(修理前)

サビが深く浸食していたので、ハサミの状態をみながら
サビ取りをしましたが、サビの巣が残りました。

FELCO#4の研ぎ・修理後 です。

■ヒズミ直し傷
ヒズミ直し傷

はさみにヒズミが出ている時、その材質・構造によっては
上記写真のようなヒズミ直し傷が残ります。

ハサミは2枚の刃をすり合わせて使う道具です。
刃の研ぎをしても切れ味が戻らない場合は
ヒズミ直しが重要な作業となります。

■サビの巣
サビの巣

切っ先のサビの巣

今回はスプリングもサビを落とし潤滑油を注し再使用しましたが、ハサミの状態を見て
必要に応じ部品交換をする場合もあります。

刃の裏

17:10  |  フェルコ・メンテナンス工房

2012.05.17 (Thu)

バラ

(文:Akiko)

只今、埼玉の西部ドームで「国際バラとガーデニングショウ」が
開催されているようですね。
NHKの「趣味の園芸」という番組でその魅力を紹介していて
バラが大好きな私は うっとり 。。。

------------------------------------------------------
ちょっと前のお話ですが、
3月の初めに当工房の研ぎ・修理をご利用いただいた
お客様(東京のO様)が、修理後の荷物受取メールに
お写真を添付してくださいました。

こちらのお写真です。
 ↓↓↓

 庭のバラ

忙しい仕事の合間に、思いがけず届いたバラの写真。
とても嬉しくなりました。

この時いただいたメッセージも嬉しいものでした。

  山東さま

  大変お世話になりました。
  とても丁寧に調整いただけましたこと、
  本当に嬉しく思っております。
  ありがとうございました。

  この先、ハサミも包丁も大切に使っていきます。
  春になり、庭の手入れもいよいよこれから本番です。
  きれいにしていただいたFELCOで楽しみたいと思います。

  また何かの折には、どうぞよろしくお願いいたします。
  とりいそぎお礼まで。

  (以前に撮った、庭の写真を添付しますね。)


--------------------------------------------------

お写真を送ってくださった O様は東京にお住まいなので
国際バラとガーデニングショウにお出かけになられるのかしら。。。
あぁ~、私も行きた~い!

■追伸:明後日、5月19日(土)臨時休業させていただきます。
    国際バラとガーデニングショウへ行くためではありません(笑)。
    甥っ子の結婚式なのです。
 

22:05  |  フェルコ・メンテナンス工房

2012.02.14 (Tue)

FELCOカレンダー

(文:Akiko)

ひやぁ~、 今年も もう2月半ばです。
ブログの更新もままならない状態で、
毎日あっという間に時間が過ぎて行きます。

先月のお話ですが。。。

当工房はスイスのフェルコ社の剪定ばさみの
オフィシャル・メンテナンスをお引き受けしている関係で
2012年のカレンダーをいただきました。

FELCOカレンダー

フェルコカレンダー2月

2月のページは ↑↑↑
          こんな感じです。

春から夏にかけて、素敵な山景色が写っているカレンダーですが
月曜日始まりなので、日本人の私には慣れるまで
ちょっと時間がかかるような・・・


==============================================================
フェルコ・メンテナンス工房のオフィシャルページは
下記バナーをクリックするとご覧いただけます。

  フェルコ・メンテナンス工房

工房では研ぎ・修理だけでなくフェルコ剪定鋏の販売や部品販売・交換も
行っております。


   「フェルコ・メンテナンス工房」のサービスと
   「打刃物工房 源利平 山東」のサービスは
    同時にご利用いただけます。
21:34  |  フェルコ・メンテナンス工房

2010.10.15 (Fri)

フェルコ・メンテナンス工房OPEN!

この夏、フェルコ・メンテナンス工房がOPENしました。

1945年、剪定鋏・切断工具メーカーとしてスイスに創設されたフェルコ社の
剪定鋏専用の修理工房です。

フェルコ剪定鋏総輸入元である昭和貿易株式会社様と
当工房(源利平 山東)が協議・打ち合わせを重ね、
2010年8月1日にオープンしました。

フェルコ・メンテナンス工房のオフィシャルページは
下記バナーをクリックするとご覧いただけます。

  フェルコ・メンテナンス工房

工房では研ぎ・修理だけでなくフェルコ剪定鋏の販売や部品販売・交換も
行っております。
近々、インターネット上に商品を掲載する予定です。

皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

  ■追伸:
   「フェルコ・メンテナンス工房」のサービスと
   「打刃物工房 源利平 山東」のサービスは
    同時にご利用いただけます。


21:29  |  フェルコ・メンテナンス工房
 | HOME |