FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.01.30 (Mon)

今日は何の日、テニスの日

昨日は今年初めてのテニス、初打ちの日でした。

若い頃は、元旦から仲間と一緒にテニスをして新年会という流れで過ごした時期もありましたが、
最近はもっぱら健康維持のテニスです。

初打ちの感想は?・・・  それは聞かんといてください。

夕方からはWOWOWで全豪の決勝戦、フェデラーVSナダル。
すごい試合でした。
過去の対戦成績から見てもナダル有利と言われる中、
35歳のフェデラーが随所で信じられないプレーを魅せてくれました。
ナダルファンの方には残念な結果でしたが、故障明けを感じさせない粘りのあるプレーは
好調時のナダルを彷彿させ、今年の復活を印象付ける試合になりました。

錦織君の活躍も期待していますが、まだまだ若いもんには
負けへんで(大阪弁で言ってないと思いますが・・・)と
頑張るベテラン勢にも今年のテニス界を盛り上げてもらいたいです。

IMG_2695.jpg


いやー、テニスって本当に楽しいものですね。
それでは。


08:38  |  遊ぶ

2015.05.08 (Fri)

GWも終わり・・・

GWも終わり、通常の生活が戻ってきました。
自営業という仕事柄、どうしても休み明けに納めないと
いけない仕事もあり、飛び石の休みとなりました。

3日はテニスをしたり、夕方からは旧友と再会。(Aさんとは20数年ぶりに会う事ができました)
5日は京都を散策し、リフレッシュ出来たGWでした。

京都散策の目的は
国立博物館で開催されている「桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち」
を見に行くためです。
少し早い目に家を出て、三十三間堂を見て・・・
三十三間堂

風神、雷神以外にもそれぞれの仏像がとても個性的でした。

そして道路を挟んで国立博物館へ
開館時間に合わせて行きましたが、すでに結構並んでいます。うーん。
京都国立博物館


その後、豊臣家ゆかりの豊国神社へ。
本殿正面に建つ四脚唐門。豪華な装飾が施されています。
豊国神社


建仁寺は写真が自由に撮れるので外国人の観光客にも人気があるようですが・・・
四脚唐門


祇園を抜け高台寺へ

ねねの小径、
ねねの小径

石塀小路、
石塀小路

人通りが少なくて、ええ感じです。


そして祇園に戻ると・・・TVの中継もあり、エライ人でした。
ぷいぷいTV中継
21:00  |  遊ぶ

2015.03.29 (Sun)

マッサンの住んだ住吉を歩く

(Akiko)

NHK朝の連続ドラマ「マッサン」 、昨日が最終回でした。

毎日欠かさず見てました。
そして、有働アナと同じく私もよく涙しました。

羽原大介さんの脚本が素晴らしかったこともありますが、
主人公エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんの自然な演技に引き込まれ
心に響くドラマでした。

このドラマのモデルとなった実在のマッサンとリタ夫妻が
大阪の住吉に住んでおられた時期があるということで、
先月、まち歩きイベント
  「リタとマッサン」の住んだレトロモダンのまち帝塚山を往く
に参加しました。

マッサンとリタ


この住吉は私たちも結婚当初から8年間暮らしたところで、
住み慣れた界隈ではありましたが、
ボランティアガイドの方々に案内してもらう
まち歩きはまた違った発見があり面白かったです。

この日はあいにくのお天気で、小雨が降ったりやんだり。。。

時にはよその駐輪場の屋根を借りながら説明を聞いたり。
団地の駐輪場で


「ドラマでは住吉酒造となっていましたが、実際は摂津酒造といい、その井戸の跡がこちらです。」
住吉酒造の井戸跡

と説明を受けたり、
「ドラマで西川きよしさんが演じておられた方は、阿部喜兵衛さんという実在の方で、その方のご自宅はこちらでした。」と
塀の外から伺ったり。

普段は施錠している帝塚山古墳へ入らせていただいて、
登山証明書を発行していただいたりしました。
帝塚山古墳登山証明書

ドラマと対比させながら、ボランティアガイドさんの推測の話も多々ありましたが(笑)、
写真や資料を掲げながらの説明もあり、
「史実/推測」の区別がハッキリわかるように説明してくださったので
とても楽しい数時間でした。

今回のまち歩きで

 建築家 村野藤吾 さんが設計した 「中川邸

の存在を初めて知りました。
今回は門前で説明を受けただけで中を見ることを許されませんでしたが、
今後はアンテナを張って、いつの日か中を公開されることがあれば
是非とも見学させて欲しいと思いました。
15:23  |  遊ぶ

2015.02.12 (Thu)

手塚治虫記念館へ行きました

(Akiko)

2014年12月の中旬から1ケ月ほど、オーストラリアに住む友人(日本人)夫婦の
息子3人+その友達1人が我が家でホームステイをしていました。

彼らの親戚も大阪に住んでいるので、お正月休みの間をはずしてもらいながら、
日によって2人泊まったり、3人泊まったり、4人泊まったりと、
賑やかな日々でした。

通天閣
 (彼らと記念撮影、 後列右側:夫、 前列右端:私 です)


ホームステイが終わって、後片付けに部屋に入ったら
ホワイトボードに自分たちの似顔絵を描いて残しておいてくれたり、
ホワイトボード

オーストラリアに帰国してから
御礼のメッセージカードを送ってくれたり。。。
メッセージカード

電子メールが簡単に送れる時代に手書きのメッセージカードをもらうのは
また格別嬉しいです。

その彼らが今回の滞在中に宝塚の「手塚治虫記念館」へ行ってきて
「すごく良かった!」と感激していたので、
先日、私も夫と一緒に行ってきました。

手塚治虫さんが子供の頃に描いた絵や
昆虫の細部まで観察した記録など、貴重なものが展示してあり、
行ってみて良かったです。
丁度、開催中の特別展(2015年2月20日まで)「忌野清志郎展」も興味深かったです。

2015年3月末まで、3館回遊キャンペーンが実施されているようです。
3館回遊 チラシ

〈宝塚花のみち〉3館回遊キャンペーン 実施期間 2014.4.7 ▼2015.3.31
宝塚歌劇の殿堂・手塚治虫記念館・すみれミュージアムの入館料が2館目以降半額に


私たちはこのキャンペーンを知らず、先に「手塚治虫記念館」へ入りましたが
近くの「すみれミュージアム」へ入ってから「手塚治虫記念館」へ行くと、
お得感がありますよね~。

今の若い人たちにも是非、手塚治虫さんの細やかな昆虫観察記録を見てもらいたいです。

最近のニュースに
 「女子高校生のスマホ使用時間は1日平均7時間」 
と、ありました。

未だに一度もスマホを使ったことのない私には
今のスマホ事情がわかりませんが、
ラインや、ゲームばかりに時間を使わず、
もっと手を使って何かを作ったり、字を書いたり、
実際にスポーツしたり、身体を動かしたりする人が
増えて欲しいなぁ~と思います。

何でもかんでもタイマー設定や自動で出来る便利な社会ではなく、

もうちょっと不便な日常生活を送る方が
 人間の感性が磨かれるのに~

と前々から思っていましたが、今回、手塚治虫さんの観察力のすごさを知って
よりその思いが強まりました。
08:45  |  遊ぶ

2015.01.09 (Fri)

南宗寺

お正月休みにチン電の1日乗車券を利用して堺方面を散策しました。

ちん電

恵美須町をスタートし終着駅の浜寺公園を目指します。
町の風景や車内の様子をうかがいながら過ごすこと約1時間。
平成12年に近畿の駅百選に選ばれた南海浜寺公園駅。

浜寺公園駅

東京駅などの設計で知られる辰野金吾さんが所属した建築事務所の設計によるものです。

※画像クリックで拡大します。
浜寺

浜寺公園駅 窓

浜寺公園駅 柱

まもなく高架の工事が始まるようですが、駅周辺は
ロータリーにし再開発が進行している様子ですが、寂れた感が・・・。

次に向かったのが南宗寺。

南宗寺

ボランティアで案内をしていただいた方の話も興味深く
家康公の・・・という話の時、何かご存知ですか?と逆に質問され
以前に講談で聞いたことがあって・・・と言うと
そうですか、という事でどんどん話にノリが出て長くなり・・・
事の真相はどうか別として、今年は大坂の陣400年という事で
戦国時代の話が盛り上がっているようですので、機会があればどうぞ。

最後に向かったのが住吉大社。

住吉大社

三が日が過ぎたというのにすごい人でした。
以前住んでいた熊野街道沿いにもコンビニができたり
少し見ぬ間に様変わりしていました。
22:34  |  遊ぶ

2014.11.29 (Sat)

思い出をたどる旅

(Akiko)

夫が書いた、ひとつ前のブログ記事のつづきです。
何で厚木か?と言うと・・・

私はサラリーマンだった父の2年間の転勤中に
神奈川県厚木市で生まれました。

父は既に他界しています。
実家の母は今月77才の誕生日を迎えました。
喜寿の御祝いを兼ねて当時住んでいたところや横浜を訪れました。
夫にもお付き合いいただいて、母と3人での1泊旅行です。

49年ぶりに訪れた厚木はすっかり様変わりしたようです。
(もちろん、赤ちゃんだった私には記憶がありません。)

■当時住んでいたところ: 2014年11月現在
2014年11月の厚木


父が勤めていた会社のまわりや、私が生まれた病院の近くをドライブしているうちに
母の記憶から消えかけていたエピソードが次々と出てきました。
私が初めて耳にする話も色々出てきて、とても興味深かったです。

当時、家族で写真を撮った湘南の海岸や
鎌倉の鶴岡八幡宮で、今の写真を撮りました。

今回の旅行を機に、実家から家族アルバムをいくつか借りてきました。

家族アルバム

■50年前に住んでいた厚木の社宅前にて: 兄 
1965年の厚木

周りは畑や田んぼが多かったようです。

■父と兄 後ろに写っているのは隣家
1965年の厚木2

■母と私
1965年母と

■昭和40年のクリスマス 厚木の家にて: 母・兄と
初めてのクリスマス1965

写真の中の母の歳を越えて見る家族アルバムには格別なものがありました。

良く笑っている幼い時の兄や自分の写真をじっくり眺めていると
何だか涙が出てきました。
今の歳だからこそ感じることができるものがあり
アルバムの中に「自分の原点」を見て
改めて両親に感謝した次第です。

=====
私の好きな映画のひとつに
是枝監督の「歩いても歩いても」があります。
どこにでもありそうな日常を切り取った映画ですが、とっても上手に描いておられます。

是枝監督は、ホームページ上で、この映画の出発点を載せておられます。

  母の背中 http://www.aruitemo.com/spe.html

私も日常の忙しさを理由に、実家の母に対して
「また今度ね・・・」と、先延ばししている事がいろいろあるなぁ~
と、反省した次第です。

今回の旅行で、この「歩いても歩いても」のロケ地のひとつである
「平塚袖ガ浜の歩道橋」の下を車で通り抜けたのですが・・・
この歩道橋、変わった曲線をしているので、時間があれば
歩いて渡って海岸へ出たかったなぁ~、と
ちょっと心残りです。

2日めに周った横浜もとても良かったです。
1日では時間が足りず。。。

知り合いのいない厚木へはもう行くことが無いかもしれませんが
横浜は、また機会をみつけて訪れたいです。
21:40  |  遊ぶ

2013.10.28 (Mon)

2013 大阪マラソン

昨日行われた2013年大阪マラソンに昔のテニス仲間が参加するとの
メールを貰い、応援に行ってきました。

恵美須町交差点少し手前の折り返し地点。
ここから通天閣とあべのハルカスが見えます。

折り返し点




男子先頭2人が通過。速い!

2013大阪マラソン 先頭


11時を過ぎた頃、目を凝らして西から走ってくるランナーを見ていましたが
気づかず・・・すると折り返し方向から
「山東さん!」と呼びかける声が
「あっ!・・・ゴメン~見落とした。」

あわてて写真を撮りましたが、時すでに遅く、後姿のみ。

友人ランナー


せっかく徹夜をして・・・(笑)作った応援旗。
来年に取っておきますので、また走ってくださいね。

応援旗
21:58  |  遊ぶ

2013.10.23 (Wed)

世界スーパージュニアテニス2013

大阪市長杯2013世界スーパージュニアテニス選手権大会」が
10月21日(月)~27日(日) まで、靭テニスセンターで開催されています。

スーパージュニア1


本大会は、グランドスラムと呼ばれる世界4大大会のジュニア版で
世界で9大会しかない世界最高峰の大会であり、アジアの中では、
この大会だけが「グレードA」のテニス大会です。

過去の大会からは、男子では、A・ロディック、J-W・ツォンガ、錦織圭、
女子では、A・モーレスモ、V・アザレンカ、クルム伊達公子、杉山愛も出場しています。

なんとそんなすごい大会にオーストラリア在住の友人の
テニス仲間の娘さんが本選から出場するようなので見に行ってきました。
以前、旅行に行った時に彼女は当時8歳くらいでしたが、
大人の中に混ざって一緒にゲームをしました。
その頃からストロークは大人並にしっかりと打てていたので感心しましたが
こんな大きな大会に出場するような選手になるとは想像していませんでした。

今回、シングルスは初戦で敗退となりましたが、ダブルスは勝ち残っているようです。

スーパージュニア2

週末にかけて台風が近づくため試合日程の調整など大変だと思いますが
良い結果を残せればと思っています。
詳しくは関西テニス協会「世界スーパージュニアテニス」
21:49  |  遊ぶ

2013.07.29 (Mon)

北海道旅行

(文:Akiko)

北海道・富良野にあるかなやま湖ログホテル・ラーチ
是非行ってみたい!と思ってから約1年、

 (その時のブログ記事は、こちら ★

夫と共にじっくり計画を温め、富良野がベストシーズンの7月にあわせて
お休みを頂き、行って参りました♪

ログホテル・ラーチは緑豊かな森に囲まれた静かなところにありました。
食堂やお部屋の天井が高い造りで、とても素敵なところでした。

DSCN0151.jpg

IMG_4837.jpg


■部屋から見た外の景色
IMG_4838.jpg


■メゾネットタイプのお部屋、天井が高くて解放感たっぷり♪
IMG_4841.jpg

夕食・朝食とも、地元のお野菜やお肉などを使われていて
ゆったりとした空間で、美味しいお料理を堪能させていただきました。

ホテルのスタッフの方々の笑顔も素敵で、
特に夕食の時、一人の方が最初から最後まで
決まったテーブル(お客様)を接客されるのではなく
代わるがわる色々な方が接してくださり、スタッフ全員に
温かく迎えていただいている感じがして
とても嬉しく思いました。

翌朝は5時に起きてホテルのまわりを散策しました。
ラベンダーが満開でした。

IMG_4825.jpg


前夜の通り雨の影響か、湖のまわりにはもやがかかっていましたが、
それがまた、しっとりとしていい感じでした。

是非ともお目りかかりたかったホテルのC様が、
出勤時間を変更してまでもわざわざお時間をつくってくださいました。
とても申し訳なく思う反面、やはり直接お話しさせていただけたことは
何より嬉しかったです。

ホテルを発つ時に駐車場出口で野生の鹿に遭遇。
ちょっと行っては振り返り、ちょっと行っては振り返りする鹿の親子に
見送られ、なんだか嬉しかったです。こういう気持ち、都会では味わえません。

IMG_4849.jpg

IMG_4850.jpg

IMG_4851.jpg

IMG_4852.jpg

IMG_4853.jpg

ホテルの周りでは春に鹿の角が落ちてることもあるそうです。

ラーチのC様は「通勤途中に2回車で鹿にぶつかっています。一台は廃車になりました。」とおっしゃってました。

=====
今回の北海道旅行では、主人の友人(帯広在住)に24年ぶりに会えたり、
私の友人(札幌在住)に23年ぶりに会えたり、
ベストシーズンの美瑛・富良野をドライブしたり、
今まではお電話やメールだけのやり取りだったラーチのC様にもお目にかかれたりと、
しっかり心の充電をさせていただきました。

8月末までタイトに仕事が入っていますが、
夏バテせずに頑張れそうです。
18:20  |  遊ぶ

2012.10.26 (Fri)

棚田百選~金剛山

2012年10月21日(日)快晴、久しぶりの山歩きです。

金剛山へ行く途中、千早赤阪中学校前の農産物直売所へ。

あれ!!ここは何度も利用しているのですが看板を見て
初めて知りました。

下赤阪の棚田

下赤坂の棚田。日本の棚田百選にも選ばれているようです。

アスファルトの坂道を上がると右手にグランドがあり
子供達が早朝から野球の練習をしていました。

中学校の校舎の間を抜けると
国史赤阪城跡(下赤坂城跡)の石碑があります。

赤阪城址


稲刈りを終えた棚田。

棚田1


棚田2


コスモス畑も。

コスモス1

コスモス2


登校してくる中学生も皆、笑顔で「お早うございます!」と挨拶してくれます。

中学生

なーんかすがすがしい一日の始まりに嬉しくなりました。
寄り道してよかった。
11:30  |  遊ぶ
 | HOME |  次のページ